パートやアルバイトでもカードローンの利用は可能

急にお金が必要になった時など、予期せぬ事態に備えられるのがカードローンの強みです。カードローンには正社員でないと申し込みや利用ができないと思っている方もいるでしょうが、実はそうではありません。

パートやアルバイトでも申し込みや利用は可能です。

毎月きちんと継続的に収入を得ている人なら、正社員だろうがアルバイトだろうか、申し込みは可能ですし契約してしまえば利用することができます。年収などは問題ではなく、継続的に収入を得ているかどうかがポイントとなります。

お金を借りても返すことができると信頼してもらうことが大切なので、毎月のパート代やアルバイト代の額ではなく、どのくらいその勤務先で続けて働いているかが重要視されます。

ただ、限度額は年収に応じて決められますから、申し込みする時には限度額を低めにしておくと審査に通りやすくなります。

もし、アルバイトやパートだからカードローンでは借りられないと諦めている方、再度検討してみてはいかがでしょうか。

アルバイトやパートでも安定収入があればカードローンで借入れできる

パートやアルバイトの人はカードローンを利用することはできるのでしょうか?ローンの審査では返済能力があるかどうかが見られていますので正社員や公務員の方が合格しやすいのは確かですが、ほとんどのカードローンではパートやアルバイトでも利用できるようになっています。

申込み者本人に毎月安定した収入があり、年齢も条件を満たしていればそれ以外はとくに制限はありませんので、雇用形態も限定されていません。

単発の日雇いのアルバイトでは毎月の安定収入とは言えませんが、長期で同じアルバイトを続けているならばアルバイトという雇用形態が理由で審査に落ちることはありません。

パートの主婦の場合も同じで、収入が配偶者の収入のみの場合は利用できるカードローンが限られてしまいますが本人にパートの収入があれば申込むことは可能です。

消費者金融のカードローンには総量規制がありますのでひっかからないように注意する必要があります。アルバイトやパートでもお金を借りたいときはカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか?