専業主婦でもカードローンを利用するには?

専業主婦はカードローンでキャッシングをすることができるのでしょうか?専業主婦とは、配偶者の収入で生活しており、本人はパートなどの収入はなく普段は家事をしている主婦のことです。カードローンにおいての専業主婦の特徴は、その本人の年収がゼロということです。

そのため、専業主婦はどんなカードローンでも利用できるわけでなく、一部の専業主婦でも借入れできる銀行などのカードローンを選ぶ必要があります。消費者金融のキャッシングは総量規制という決まりがありますので専業主婦は利用できません。総量規制はキャッシングできる金額はその人の年収の3分の1までという法律の決まりです。

年収がゼロの専業主婦は総量規制で考えると、ゼロの3分の1はやはりゼロですので借入れ可能額がゼロということになりキャッシングすることができません。専業主婦がカードローンを利用したいときは総量規制対象外の銀行カードローンの中から、専業主婦でも借入れできるサービスを探しましょう。

銀行カードローンやフリーローンでも専業主婦が契約出来ないものがある!

専業主婦がキャッシング契約を行う際、消費者金融の場合は配偶者貸付となり、配偶者の同意が必要となります。その上、大手消費者金融のキャッシングローンは配偶者貸付に対応していないため、中小消費者金融しか選択肢が無くなります。一方、銀行カードローンやフリーローンは専業主婦にも貸し付けしており、契約条件が『配偶者に安定した収入があること』となっています。

しかし、銀行カードローンやフリーローンが全て専業主婦も対象となっている訳ではなく、中には契約出来ないものがあります。そのような場合、申し込み条件として『本人に安定した収入があること』と記載がされていたり、よくある質問事項に専業主婦は対象外と記載していることがあります。

また、注意するべき点として、『主婦』とだけ記載されている場合、専業主婦が含まれないことがあります。主婦と言っても、パートやアルバイトといった兼業主婦も含まれてしまうため、商品概要やホームページ上の説明はしっかりと確認することが重要になります。先ずは、『主婦OK』といった記載がある際は、専業主婦もOKと認識しないことをおすすめします。”