カードローンは必要書類を揃えて申込ができます

書類として「本人確認書類」と「収入証明書類」が必要となります。まず「本人確認書類」ですが、借りる契約者本人か確認する必要があるので提出が必要となります。

「本人確認書類」とは運転免許証(または運転経歴証明書)、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書です。

健康保険証は会社によっては認めていない場合もあります。また公共料金の領収書の提出が求められる事があります。

「収入証明書類」ですが、消費者金融系と銀行系では異なってきます。「借入れが50万円を超える場合」と「他社の借入れと申込の利用限度額を合わせて100万円を超える場合」は収入証明書類が必要です。源泉徴収票、給与明細書、確定申告書、所得証明書、住民税決定通知書です。

銀行は提出はありませんが、場合によっては「50万円を超える借入れの場合」あるいは「300万円以上の借入れの場合」必要となります。

これから初めてカードローンに申し込む際に準備しておきたい必要書類とは

比較的簡単な手続きですぐにお金を借りられる手段としてカードローンがありますが、実際にカードローンでお金を借りるにあたっては必ず審査を受ける必要があります。

この審査では年収や本人確認などが行われることになりますが、その際に必要となってくるのが各種の書類です。これから初めてカードローンに申し込みをする場合、これらの必要書類が準備できていないと申し込みが受け付けられずに再度カードローンの申し込みをしなくてはならなくなります。そのため、これからカードローンを申し込んでみようという人はどのような必要書類をあらかじめ準備しておけばいいのかを把握しておくことが大事です。

カードローンを申し込みする際に絶対に必要になってくるものとして身分証明書があります。身分証明書として認められるものとしては運転免許証や保険証、パスポートなどがあります。

これらの身分証明書は他人に成りすましを防止するために必要不可欠なものでカードローンに限らずキャッシングンなどでも必ず提出を求められる書類となります。また、収入のない人に対してお金を貸すわけにはいかないので身分証明書に加えて所得を証明できる書類も必要になってきます。”

この記事の関連記事一覧