一般的な金融機関のカードローンの審査の流れはどのようになっているのか

金利の面や比較的申し込みがしやすい事から人気の銀行などの金融機関が発行しているカードローンですが、実際に申し込む前にはどのような審査が行われているのか、審査の流れはどのようになっているのかが不安に思っている人もいると思いますので、ここでは一般的な銀行のカードローンでの審査の流れを説明します。

最近はインターネットからの申込みが多くなっているので、ここでもそのような流れにしますが、自宅のパソコンなどからインタネット経由でカードローンに申し込みをすると、必要な事項を記入して送信をするようになっています。この情報を元に審査を行いますが、この時に記入事項に間違いや嘘の情報がないかなどを確認する為に信用情報機関で申し込み者の属性などを確認します。その時に様々な理由で審査に通らない人に対しては、電話やメールなどで連絡がいくようになっています。

カードローンに申し込みをするとほとんどの場合は在籍確認や本人確認を行うのですが、多くのケースでこの時には大方審査は完了している事が多いのが通常のカードローンの審査になっています。もちろん、在籍確認や本人確認の段階でミスがあったり、その後の本契約への手続きの時に問題事項があれば、契約は出来なくなりますが、指示通りの手順で本契約をしていけばほぼ審査には通過すると考えて問題はありません。大抵はこの時に限度額などがわかる事もありますし、事前に入金を希望する時にもこの時に受け付けてくれることが多くなっています。

多くの金融機関のカードローンがこのような流れで審査を行う事になっていますが、審査の基準に関しては個々の金融機関によっても違いがあるので、一概には言えません。申込みをする前に説明をよく読んでから申し込みをする事が重要になります。

カードローン審査から結果まで

カードローンを使用するには審査が必要になります。これは初めての人もそうではない人も一緒です。まずは電話をかけて申し込む場合は個人情報を聞かれます。住所や勤務先、他に借入があるかなど。この時に勤務先へ個人名で在籍確認があります。30分から1時間くらいで審査の結果が連絡来ます。

審査が通れば郵送で運転免許証こ健康保険などの自分を証明できるものを郵送します。これがインターネットでの場合は審査は同じですが個人証明をスマホのカメラで撮って送ることができます。口座に振り込んでもらうなら即日のところもあります。なければカードが届いてからの使用になります。

どちらの場合も借入の有無、年収、家族構成などを聞かれます。勤務先への在籍確認と言いましたが確認をしないカード会社もあるみたいです。気になるのであればはじめに聞いておいた方が良いです。気になることはカードローンする前に全て聞いて納得してからがオススメです。聞くだけただなので不安を拭い去った方が良いと思います。

この記事の関連記事一覧