みずほ銀行カードローンは金利の低さが特徴です

みずほ銀行カードローンの特徴は、3%?14%という金利の低さです。他の銀行のカードローンと比べても低い設定で、利息の負担を軽減できます。消費者金融で少額の借り入れをすると普通18%ぐらいの金利を設定されるので、14%以下の金利設定は、みずほ銀行のカードローンのお得度を表す部分です。

さらに、エグゼクティブプランという高年収向けのプランなら、3,5%?7%という低金利で利用することができます。年収が400万円以上で、複数の借入先から借金があるという人はエグゼクティブプランでおまとめや借り換えを検討してみるのも良いでしょう。

3,5%?7%という金利設定は、他のおまとめカードローンよりも低い金利なので、借り換えによる失敗事例を避けることができます。エグゼクティブプランでは、以下のような条件を満たしていると審査を有利に進めることができます。

  • 400万円以上の年収
  • 3年以上の勤務実績
  • 居住形態が持ち家
  • 支払い金の遅延などの事故情報がない

また、エグゼクティブプランでおまとめを申し込むには、複数の借り入れローンのおまとめであることを伝えることも肝心です。そうしないと、さらなる借り入れだと判断されてしまうからです。

コンフォートプランの上限14%という金利設定も他と比べても十分低いので、少額の借り入れでもみずほ銀行カードローンはおすすめできます。

みずほ銀行カードローンの保証会社は何故、オリエントコーポレーション?

みずほ銀行カードローンを契約する際、契約条件に記載されている項目で、オリエントコーポレーションの保証が受けられることが必須条件になっています。

みずほ銀行カードローンについては、金利が低く、貸金業法が適用されないため総量規制適用外のローンとして人気がありますが、契約検討者にとって保証会社の存在が気がかりになります。そもそも、何故保証会社が必要かというと、支払延滞が繰り返した際には保証会社が一時的に返済を行い、保証会社が回収業務を債権回収会社へ委託します。

実は、オリエントコーポレーションはみずほ銀行の資本が投入されており、みずほ銀行グループとして保証事業を展開しています。また、オリエントコーポレーションの関連企業には債権回収会社があり、万が一の際に於いて一貫した債権の回収が実行できるといったこととなっています。

基本的には、保証会社が行うのは審査と保証のみであり、債務超過といった事態が無ければ、気にする必要がないものです。

ある意味で言うならば、銀行が融資額に対して保険を掛けているということであり、銀行自体の損益をカバーするという意味合いもあります。保証会社を利用すれば、利息から支払われた一定の保証金がプールされているため、そこから補填が行われることとなります。

つまり、生命保険や自動車保険など変わりないものとなっています。このような面において、みずほ銀行はノウハウのあるオリエントコーポレーションへ保証を委託しています。

この記事の関連記事一覧