みずほ銀行のカードローンについて

みずほ銀行のカードローンは、申し込みの際の記入内容をもとに審査をします。その記入内容は、現在どこに勤めていて年収はどれくらいかということや、現在借り入れはあるのかということです。

つまり、適度に年収があり、借入金がそこまで多くなければ作成することが出来ます。またその際に、カードローンの借入限度額についても自分で希望します。

最低10万円からで、多ければ100万円の枠を希望することも可能です。また、新規口座も作るということであれば、キャッシュカードと一体型にすることもできますし、キャッシュカードとは別にカードローンを持つこともできます。

また申し込みをしてからの審査の流れとしては、申し込みをした人が、いろんなところで借り入れをしていたり、滞納していたりする怪しい人ではないかを調査し、だいたい一週間程度で審査が終わり、借入限度額が決定します。

実際に利用した感想としては、ATMですぐに返済ができるので便利だと思いましたが、キャッシュカードとカードローンを一体型にしていると、現金を引き出そうとしただけなのに、間違ってカードローンを使いそうになったことがあったので、そこは注意しなければいけないと思いました。

意外と電話対応がマニュアル化されすぎです。

意外と電話対応がマニュアル化されすぎで、臨機応変な対応を求めていたのでややこしさがありました。エグゼクティブプランの場合 は年率最大でも7%です。銀行系なので審査が厳しいですね。審査スピードは最短即日融資可能です。融資限度額専業主婦の場合は最大30万円までです。

融資限度額は最大1000万円までです。即日融資をしてもらう為に、来店前に電話を入れて、急ぎであることを言っておき、早い時間帯に来店することがポイントとなります。

事前に急ぎであることを言っておけば、カードの発行を待つことがなく、みずほ銀行の口座に入金する形で融資をしてもらえる可能性もあります。200万円までは収入証明書不要です。この条件を満たすにははみずほ銀行に口座があるかないかで変わってきます。

みずほ銀行に口座を持っていると即日完結が可能。口座がない場合は最短で即日審査できます。カードローン口座の開設は遅くとも、3週間程かかります。それなのでこの場合は来店申し込みをするのが一番早いですね。

来店することによって、銀行窓口でみずほ銀行の口座開設とみずほ銀行カードローン申し込みを同時に行うことができるため、即日融資と即日利用が十分可能です。新生銀行(レイク)やSMBCコンシューマーファイナンス やプロミスや アコムは融資限度額が500万円です。

この記事の関連記事一覧