Category: 職業別カードローン診断

みずほ銀行カードローンの審査はパートやアルバイトでも大丈夫?

パートやアルバイトでもカードローンの利用は可能

急にお金が必要になった時など、予期せぬ事態に備えられるのがカードローンの強みです。カードローンには正社員でないと申し込みや利用ができないと思っている方もいるでしょうが、実はそうではありません。

パートやアルバイトでも申し込みや利用は可能です。

毎月きちんと継続的に収入を得ている人なら、正社員だろうがアルバイトだろうか、申し込みは可能ですし契約してしまえば利用することができます。年収などは問題ではなく、継続的に収入を得ているかどうかがポイントとなります。

お金を借りても返すことができると信頼してもらうことが大切なので、毎月のパート代やアルバイト代の額ではなく、どのくらいその勤務先で続けて働いているかが重要視されます。

ただ、限度額は年収に応じて決められますから、申し込みする時には限度額を低めにしておくと審査に通りやすくなります。

もし、アルバイトやパートだからカードローンでは借りられないと諦めている方、再度検討してみてはいかがでしょうか。

アルバイトやパートでも安定収入があればカードローンで借入れできる

パートやアルバイトの人はカードローンを利用することはできるのでしょうか?ローンの審査では返済能力があるかどうかが見られていますので正社員や公務員の方が合格しやすいのは確かですが、ほとんどのカードローンではパートやアルバイトでも利用できるようになっています。

申込み者本人に毎月安定した収入があり、年齢も条件を満たしていればそれ以外はとくに制限はありませんので、雇用形態も限定されていません。

単発の日雇いのアルバイトでは毎月の安定収入とは言えませんが、長期で同じアルバイトを続けているならばアルバイトという雇用形態が理由で審査に落ちることはありません。

パートの主婦の場合も同じで、収入が配偶者の収入のみの場合は利用できるカードローンが限られてしまいますが本人にパートの収入があれば申込むことは可能です。

消費者金融のカードローンには総量規制がありますのでひっかからないように注意する必要があります。アルバイトやパートでもお金を借りたいときはカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

学生はみずほ銀行カードローンの審査に本当に通るのか?

学生がお金を借りる時のポイントとは

学生ローンは通常のローンよりも、キャッシングをする場合の審査は比較的簡単となっています。また学生ローンの場合、無保証、無担保といった借りるのに必要とされるものがいらない場合もあります。もちろん、学生ならば全て審査が同じというワケではありません。

キャッシングのできる額も学生によって違います。アルバイトなどの収入が全く無いという場合だと借りられる金額は、あまり多くないでしょう。5万円ぐらいまでなら問題なく借りれるようです。

学生ローンで多く借りれる条件は、アルバイトをしていることになるのではないでしょうか。審査時に、アルバイトの有無はかなり違ってくると思います。

それは学生であっても収入があるという点で返済能力があるとして学生ローンの審査も緩くなり借入額も多くなるのです。もしあなたがアルバイトをしているのなら学生ローンを利用する際は収入のわかるものを用意しておくと良いでしょう。

アルバイトの収入が高ければ、それだけ多くの金額を引き出せます。アルバイトなどの収入が全くない学生の場合ですと学生ローンは、あまり期待できないと思います。学生ローンの審査は基本的にはとても簡単で、大体三十分もあれば審査は終了します。

学生証を提示して審査を待つだけといっても過言ではないぐらいです。もし審査が通らなかった場合は学生ローンを取り扱っている様々な金融機関がありますのでインターネットなどで調べてみてはいかがでしょうか。

20歳以上のアルバイトしている学生ならお金が借りられます

最近はほとんどの金融機関で、学生でもカードローンの申し込みができます。もちろん親御さんの同意や収入証明書の提出は不要です。そして申し込み条件はほぼ同一で、年齢が満20歳以上で、安定した収入があることです。アルバイト代の金額は多いに越したことはありませんが、それよりも毎月継続して収入があることが重要です。なお同一のアルバイト先に1年程度勤務していれば、審査に通過しやすくなります。

また学生と一口でいっても、大学生や短大生だけでなく、専門学生や大学院生なども対象です。学生がどの金融機関が借りやすいかと言うと、消費者金融です。10万円程度しか借りられませんが、自動契約機でカードを受け取れば土日祝日でも即日融資が可能です。ちょっとデートでお金がないという時に、大手消費者金融なら非常に便利です。

また学生には、学生ローンという学生専門の貸金業者があります。学生ローンの方が消費者金融よりも2%ほど金利が低いのでお得です。学生ローンは東京の高田馬場周辺にしかありませんが、全国から利用できます。”

専業主婦はみずほ銀行カードローンの審査に通るのか?

専業主婦でもカードローンを利用するには?

専業主婦はカードローンでキャッシングをすることができるのでしょうか?専業主婦とは、配偶者の収入で生活しており、本人はパートなどの収入はなく普段は家事をしている主婦のことです。カードローンにおいての専業主婦の特徴は、その本人の年収がゼロということです。

そのため、専業主婦はどんなカードローンでも利用できるわけでなく、一部の専業主婦でも借入れできる銀行などのカードローンを選ぶ必要があります。消費者金融のキャッシングは総量規制という決まりがありますので専業主婦は利用できません。総量規制はキャッシングできる金額はその人の年収の3分の1までという法律の決まりです。

年収がゼロの専業主婦は総量規制で考えると、ゼロの3分の1はやはりゼロですので借入れ可能額がゼロということになりキャッシングすることができません。専業主婦がカードローンを利用したいときは総量規制対象外の銀行カードローンの中から、専業主婦でも借入れできるサービスを探しましょう。

銀行カードローンやフリーローンでも専業主婦が契約出来ないものがある!

専業主婦がキャッシング契約を行う際、消費者金融の場合は配偶者貸付となり、配偶者の同意が必要となります。その上、大手消費者金融のキャッシングローンは配偶者貸付に対応していないため、中小消費者金融しか選択肢が無くなります。一方、銀行カードローンやフリーローンは専業主婦にも貸し付けしており、契約条件が『配偶者に安定した収入があること』となっています。

しかし、銀行カードローンやフリーローンが全て専業主婦も対象となっている訳ではなく、中には契約出来ないものがあります。そのような場合、申し込み条件として『本人に安定した収入があること』と記載がされていたり、よくある質問事項に専業主婦は対象外と記載していることがあります。

また、注意するべき点として、『主婦』とだけ記載されている場合、専業主婦が含まれないことがあります。主婦と言っても、パートやアルバイトといった兼業主婦も含まれてしまうため、商品概要やホームページ上の説明はしっかりと確認することが重要になります。先ずは、『主婦OK』といった記載がある際は、専業主婦もOKと認識しないことをおすすめします。”