Category: 審査に関しての情報

みずほ銀行カードローンの審査に必要な書類はコレ!

カードローンは必要書類を揃えて申込ができます

書類として「本人確認書類」と「収入証明書類」が必要となります。まず「本人確認書類」ですが、借りる契約者本人か確認する必要があるので提出が必要となります。

「本人確認書類」とは運転免許証(または運転経歴証明書)、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書です。

健康保険証は会社によっては認めていない場合もあります。また公共料金の領収書の提出が求められる事があります。

「収入証明書類」ですが、消費者金融系と銀行系では異なってきます。「借入れが50万円を超える場合」と「他社の借入れと申込の利用限度額を合わせて100万円を超える場合」は収入証明書類が必要です。源泉徴収票、給与明細書、確定申告書、所得証明書、住民税決定通知書です。

銀行は提出はありませんが、場合によっては「50万円を超える借入れの場合」あるいは「300万円以上の借入れの場合」必要となります。

これから初めてカードローンに申し込む際に準備しておきたい必要書類とは

比較的簡単な手続きですぐにお金を借りられる手段としてカードローンがありますが、実際にカードローンでお金を借りるにあたっては必ず審査を受ける必要があります。

この審査では年収や本人確認などが行われることになりますが、その際に必要となってくるのが各種の書類です。これから初めてカードローンに申し込みをする場合、これらの必要書類が準備できていないと申し込みが受け付けられずに再度カードローンの申し込みをしなくてはならなくなります。そのため、これからカードローンを申し込んでみようという人はどのような必要書類をあらかじめ準備しておけばいいのかを把握しておくことが大事です。

カードローンを申し込みする際に絶対に必要になってくるものとして身分証明書があります。身分証明書として認められるものとしては運転免許証や保険証、パスポートなどがあります。

これらの身分証明書は他人に成りすましを防止するために必要不可欠なものでカードローンに限らずキャッシングンなどでも必ず提出を求められる書類となります。また、収入のない人に対してお金を貸すわけにはいかないので身分証明書に加えて所得を証明できる書類も必要になってきます。”

みずほ銀行カードローンの審査に通る人と落ちる人の違いとは?

絶対審査が通らないポイントとは

カードローンの審査を少し経験した者です。審査をする際、情報を見ただけで初心者でもすぐに判断できるポイントがありました。

まず1つ目は、他の会社での借入額です。前提条件ですが、カードローンで借りられる額は年収の3分の1です。そのため、この額を審査段階ですでに借りているかどうかをまずチェックされます。この段階で他の会社でこの額を超えていると1発でアウトになります。

2つ目としては、申し込みした会社、他の会社問わず、今までの返済状況です。遅れた回数、支払わなかった回数が多いと減額の対象になる可能性もありますし、あまりにもひどいとしばらくどの会社でもカードが作れない情報がついたりします。

先の2つが該当してるのではないかという疑いがある際は申し込みを控えた方が賢明です。それでもいけるのではないかと申し込み審査が通らなかった場合、申し込みをしたという事実は会社を越えて共有されます。この申し込みの件数が多いと審査が難しい人だと判断される可能性もあります。

上記に当てはまらなくても、アルバイトである・勤続年数が浅い・仕事内容がよくわからない自営業といった安定した収入ではない疑いがある場合、年収の3分の1に届かずも借りている金額が多い場合は審査に通るのが難しい可能性もあります。そのような時でもどうしてもカードローンの審査に通りたい時、もし申し込んでいる会社に他のカードがある場合はその情報次第では通りやすくなる可能性があります。

長期間使っており返済をきちんと行っているカードの会社にカードローンの取り扱いがあれば、その情報は優先的に審査基準となりますのでチャンスでもあります。自分の情報が厳しくても1度申し込んでみるのもありかもしれませんね。

カードローンの審査基準について

昔はクレジットカードやローンの審査では、連絡先が固定電話ではなく携帯電話のみだと審査で不利になると言われていました。以前は今ほど携帯電話が普及していませんでしたし、電話に加入するとなるとまずはNTTの固定電話だったためです。

しかし、現在はその頃とは違い、携帯電話だけを持って固定電話を契約しないという人も多くなっています。最近では、カードローンの審査でも、携帯電話のみの人もそこまで不利になることはなくなってきています。

仮に自営業やフリーランスで働いていて、連絡先は携帯電話のみという人が審査を受けても、安定収入があれば問題なく利用できるはずです。もちろん、携帯電話より固定電話の方が信用度が高まるのは確かです。

しかし、携帯電話のみということがそこまで大きなマイナスにはなりません。収入が安定していて信用情報に問題がないという基本を満たしていれば、カードローンの審査は合格できることが多いです。安心して手続きを行いましょう。

みずほ銀行カードローンの審査の流れを解説!

一般的な金融機関のカードローンの審査の流れはどのようになっているのか

金利の面や比較的申し込みがしやすい事から人気の銀行などの金融機関が発行しているカードローンですが、実際に申し込む前にはどのような審査が行われているのか、審査の流れはどのようになっているのかが不安に思っている人もいると思いますので、ここでは一般的な銀行のカードローンでの審査の流れを説明します。

最近はインターネットからの申込みが多くなっているので、ここでもそのような流れにしますが、自宅のパソコンなどからインタネット経由でカードローンに申し込みをすると、必要な事項を記入して送信をするようになっています。この情報を元に審査を行いますが、この時に記入事項に間違いや嘘の情報がないかなどを確認する為に信用情報機関で申し込み者の属性などを確認します。その時に様々な理由で審査に通らない人に対しては、電話やメールなどで連絡がいくようになっています。

カードローンに申し込みをするとほとんどの場合は在籍確認や本人確認を行うのですが、多くのケースでこの時には大方審査は完了している事が多いのが通常のカードローンの審査になっています。もちろん、在籍確認や本人確認の段階でミスがあったり、その後の本契約への手続きの時に問題事項があれば、契約は出来なくなりますが、指示通りの手順で本契約をしていけばほぼ審査には通過すると考えて問題はありません。大抵はこの時に限度額などがわかる事もありますし、事前に入金を希望する時にもこの時に受け付けてくれることが多くなっています。

多くの金融機関のカードローンがこのような流れで審査を行う事になっていますが、審査の基準に関しては個々の金融機関によっても違いがあるので、一概には言えません。申込みをする前に説明をよく読んでから申し込みをする事が重要になります。

カードローン審査から結果まで

カードローンを使用するには審査が必要になります。これは初めての人もそうではない人も一緒です。まずは電話をかけて申し込む場合は個人情報を聞かれます。住所や勤務先、他に借入があるかなど。この時に勤務先へ個人名で在籍確認があります。30分から1時間くらいで審査の結果が連絡来ます。

審査が通れば郵送で運転免許証こ健康保険などの自分を証明できるものを郵送します。これがインターネットでの場合は審査は同じですが個人証明をスマホのカメラで撮って送ることができます。口座に振り込んでもらうなら即日のところもあります。なければカードが届いてからの使用になります。

どちらの場合も借入の有無、年収、家族構成などを聞かれます。勤務先への在籍確認と言いましたが確認をしないカード会社もあるみたいです。気になるのであればはじめに聞いておいた方が良いです。気になることはカードローンする前に全て聞いて納得してからがオススメです。聞くだけただなので不安を拭い去った方が良いと思います。