Category: みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンを利用するメリット

みずほ銀行カードローンを利用するメリット

みずほ銀行は三大メガバンクの一つで信用の高い銀行です。カードローンのサービスも提供していてたくさんの人が利用しています。そこでみずほ銀行カードローンを利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

銀行のカードローンは消費者金融に比べて低金利になっていますが、みずほ銀行カードローンは銀行のカードローンの中でも低金利になっています。銀行のカードローンの上限金利は平均的に14.5%で設定されていますが、みずほ銀行カードローンは14%に設定されています。借り入れをする時に加算される利息が少なくなるので返済の負担を軽減する事が出来るのがみずほ銀行カードローンを利用するメリットになります。

みずほ銀行は銀行のカードローンなので総量規制の対象外になっていますが、最大利用限度額も1000万円になっているので多額の借り入れをする事も可能です。もちろん審査が可決されないと利用する事は出来ませんが、他の銀行のカードローンは最大利用限度額が1000万円に達していないで多額の借り入れをする事が出来るというのもみずほ銀行カードローンを利用するメリットになります。

カードローンは基本的に収入がないと利用出来ませんので専業主婦の申し込みは不可となっている事が多いです。しかしみずほ銀行カードローンは配偶者に安定した収入があれば専業主婦も利用する事が出来ます。利用限度額は少なくなってしまいますが、専業主婦にとってはメリットになります。

みずほ銀行カードローンを利用する際の特徴

“みずほ銀行カードローンを利用する際の特徴として、私が実際に利用している実感を述べたいと思います。まず銀行カードローンとして借入額に基本的に制限がないという事です。総量規制額と言いますが、年収の3分の1以上の借入額以上は借りられないシステムです。

消費者金融法でこの総量規制が出されましたが、基本的に銀行は消費者金融のカードローンと違います。そこが銀行カードローンの良い所です。バックに銀行のネームバリューと銀行の資金面での豊富さがあります。

みずほ銀行も大手の有名銀行ですからその点でカードローンへの利用者の拡大はとても積極的にすすめていると思います。私も消費者金融でカードローン利用をしていましたが、みずほ銀行カードローンでも利用が出来ました。その際にみずほ銀行のキャッシュカードや口座があればカードローンと一体型の利用が出来ると言われたのです。

とても便利だと思いました。銀行口座を持っていれば毎月決まった日に引き落としして返済という形になります。わざわざ返済に行かなくてもいいメリットもありますし、口座に返済する額さえ入れておけばいいので忘れたり、返済遅延等もなくなります。

カードも一体型なのであまり回りにカードローンだとばれる事なく利用できます。”

みずほ銀行カードローンの良い特徴とは何か?

みずほ銀行カードローンは金利の低さが特徴です

みずほ銀行カードローンの特徴は、3%?14%という金利の低さです。他の銀行のカードローンと比べても低い設定で、利息の負担を軽減できます。消費者金融で少額の借り入れをすると普通18%ぐらいの金利を設定されるので、14%以下の金利設定は、みずほ銀行のカードローンのお得度を表す部分です。

さらに、エグゼクティブプランという高年収向けのプランなら、3,5%?7%という低金利で利用することができます。年収が400万円以上で、複数の借入先から借金があるという人はエグゼクティブプランでおまとめや借り換えを検討してみるのも良いでしょう。

3,5%?7%という金利設定は、他のおまとめカードローンよりも低い金利なので、借り換えによる失敗事例を避けることができます。エグゼクティブプランでは、以下のような条件を満たしていると審査を有利に進めることができます。

  • 400万円以上の年収
  • 3年以上の勤務実績
  • 居住形態が持ち家
  • 支払い金の遅延などの事故情報がない

また、エグゼクティブプランでおまとめを申し込むには、複数の借り入れローンのおまとめであることを伝えることも肝心です。そうしないと、さらなる借り入れだと判断されてしまうからです。

コンフォートプランの上限14%という金利設定も他と比べても十分低いので、少額の借り入れでもみずほ銀行カードローンはおすすめできます。

みずほ銀行カードローンの保証会社は何故、オリエントコーポレーション?

みずほ銀行カードローンを契約する際、契約条件に記載されている項目で、オリエントコーポレーションの保証が受けられることが必須条件になっています。

みずほ銀行カードローンについては、金利が低く、貸金業法が適用されないため総量規制適用外のローンとして人気がありますが、契約検討者にとって保証会社の存在が気がかりになります。そもそも、何故保証会社が必要かというと、支払延滞が繰り返した際には保証会社が一時的に返済を行い、保証会社が回収業務を債権回収会社へ委託します。

実は、オリエントコーポレーションはみずほ銀行の資本が投入されており、みずほ銀行グループとして保証事業を展開しています。また、オリエントコーポレーションの関連企業には債権回収会社があり、万が一の際に於いて一貫した債権の回収が実行できるといったこととなっています。

基本的には、保証会社が行うのは審査と保証のみであり、債務超過といった事態が無ければ、気にする必要がないものです。

ある意味で言うならば、銀行が融資額に対して保険を掛けているということであり、銀行自体の損益をカバーするという意味合いもあります。保証会社を利用すれば、利息から支払われた一定の保証金がプールされているため、そこから補填が行われることとなります。

つまり、生命保険や自動車保険など変わりないものとなっています。このような面において、みずほ銀行はノウハウのあるオリエントコーポレーションへ保証を委託しています。

みずほ銀行カードローンの良いところと悪い所の口コミ!

みずほ銀行のカードローンについて

みずほ銀行のカードローンは、申し込みの際の記入内容をもとに審査をします。その記入内容は、現在どこに勤めていて年収はどれくらいかということや、現在借り入れはあるのかということです。

つまり、適度に年収があり、借入金がそこまで多くなければ作成することが出来ます。またその際に、カードローンの借入限度額についても自分で希望します。

最低10万円からで、多ければ100万円の枠を希望することも可能です。また、新規口座も作るということであれば、キャッシュカードと一体型にすることもできますし、キャッシュカードとは別にカードローンを持つこともできます。

また申し込みをしてからの審査の流れとしては、申し込みをした人が、いろんなところで借り入れをしていたり、滞納していたりする怪しい人ではないかを調査し、だいたい一週間程度で審査が終わり、借入限度額が決定します。

実際に利用した感想としては、ATMですぐに返済ができるので便利だと思いましたが、キャッシュカードとカードローンを一体型にしていると、現金を引き出そうとしただけなのに、間違ってカードローンを使いそうになったことがあったので、そこは注意しなければいけないと思いました。

意外と電話対応がマニュアル化されすぎです。

意外と電話対応がマニュアル化されすぎで、臨機応変な対応を求めていたのでややこしさがありました。エグゼクティブプランの場合 は年率最大でも7%です。銀行系なので審査が厳しいですね。審査スピードは最短即日融資可能です。融資限度額専業主婦の場合は最大30万円までです。

融資限度額は最大1000万円までです。即日融資をしてもらう為に、来店前に電話を入れて、急ぎであることを言っておき、早い時間帯に来店することがポイントとなります。

事前に急ぎであることを言っておけば、カードの発行を待つことがなく、みずほ銀行の口座に入金する形で融資をしてもらえる可能性もあります。200万円までは収入証明書不要です。この条件を満たすにははみずほ銀行に口座があるかないかで変わってきます。

みずほ銀行に口座を持っていると即日完結が可能。口座がない場合は最短で即日審査できます。カードローン口座の開設は遅くとも、3週間程かかります。それなのでこの場合は来店申し込みをするのが一番早いですね。

来店することによって、銀行窓口でみずほ銀行の口座開設とみずほ銀行カードローン申し込みを同時に行うことができるため、即日融資と即日利用が十分可能です。新生銀行(レイク)やSMBCコンシューマーファイナンス やプロミスや アコムは融資限度額が500万円です。