Author: 肉まん

みずほ銀行カードローンの審査はパートやアルバイトでも大丈夫?

パートやアルバイトでもカードローンの利用は可能

急にお金が必要になった時など、予期せぬ事態に備えられるのがカードローンの強みです。カードローンには正社員でないと申し込みや利用ができないと思っている方もいるでしょうが、実はそうではありません。

パートやアルバイトでも申し込みや利用は可能です。

毎月きちんと継続的に収入を得ている人なら、正社員だろうがアルバイトだろうか、申し込みは可能ですし契約してしまえば利用することができます。年収などは問題ではなく、継続的に収入を得ているかどうかがポイントとなります。

お金を借りても返すことができると信頼してもらうことが大切なので、毎月のパート代やアルバイト代の額ではなく、どのくらいその勤務先で続けて働いているかが重要視されます。

ただ、限度額は年収に応じて決められますから、申し込みする時には限度額を低めにしておくと審査に通りやすくなります。

もし、アルバイトやパートだからカードローンでは借りられないと諦めている方、再度検討してみてはいかがでしょうか。

アルバイトやパートでも安定収入があればカードローンで借入れできる

パートやアルバイトの人はカードローンを利用することはできるのでしょうか?ローンの審査では返済能力があるかどうかが見られていますので正社員や公務員の方が合格しやすいのは確かですが、ほとんどのカードローンではパートやアルバイトでも利用できるようになっています。

申込み者本人に毎月安定した収入があり、年齢も条件を満たしていればそれ以外はとくに制限はありませんので、雇用形態も限定されていません。

単発の日雇いのアルバイトでは毎月の安定収入とは言えませんが、長期で同じアルバイトを続けているならばアルバイトという雇用形態が理由で審査に落ちることはありません。

パートの主婦の場合も同じで、収入が配偶者の収入のみの場合は利用できるカードローンが限られてしまいますが本人にパートの収入があれば申込むことは可能です。

消費者金融のカードローンには総量規制がありますのでひっかからないように注意する必要があります。アルバイトやパートでもお金を借りたいときはカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

学生はみずほ銀行カードローンの審査に本当に通るのか?

学生がお金を借りる時のポイントとは

学生ローンは通常のローンよりも、キャッシングをする場合の審査は比較的簡単となっています。また学生ローンの場合、無保証、無担保といった借りるのに必要とされるものがいらない場合もあります。もちろん、学生ならば全て審査が同じというワケではありません。

キャッシングのできる額も学生によって違います。アルバイトなどの収入が全く無いという場合だと借りられる金額は、あまり多くないでしょう。5万円ぐらいまでなら問題なく借りれるようです。

学生ローンで多く借りれる条件は、アルバイトをしていることになるのではないでしょうか。審査時に、アルバイトの有無はかなり違ってくると思います。

それは学生であっても収入があるという点で返済能力があるとして学生ローンの審査も緩くなり借入額も多くなるのです。もしあなたがアルバイトをしているのなら学生ローンを利用する際は収入のわかるものを用意しておくと良いでしょう。

アルバイトの収入が高ければ、それだけ多くの金額を引き出せます。アルバイトなどの収入が全くない学生の場合ですと学生ローンは、あまり期待できないと思います。学生ローンの審査は基本的にはとても簡単で、大体三十分もあれば審査は終了します。

学生証を提示して審査を待つだけといっても過言ではないぐらいです。もし審査が通らなかった場合は学生ローンを取り扱っている様々な金融機関がありますのでインターネットなどで調べてみてはいかがでしょうか。

20歳以上のアルバイトしている学生ならお金が借りられます

最近はほとんどの金融機関で、学生でもカードローンの申し込みができます。もちろん親御さんの同意や収入証明書の提出は不要です。そして申し込み条件はほぼ同一で、年齢が満20歳以上で、安定した収入があることです。アルバイト代の金額は多いに越したことはありませんが、それよりも毎月継続して収入があることが重要です。なお同一のアルバイト先に1年程度勤務していれば、審査に通過しやすくなります。

また学生と一口でいっても、大学生や短大生だけでなく、専門学生や大学院生なども対象です。学生がどの金融機関が借りやすいかと言うと、消費者金融です。10万円程度しか借りられませんが、自動契約機でカードを受け取れば土日祝日でも即日融資が可能です。ちょっとデートでお金がないという時に、大手消費者金融なら非常に便利です。

また学生には、学生ローンという学生専門の貸金業者があります。学生ローンの方が消費者金融よりも2%ほど金利が低いのでお得です。学生ローンは東京の高田馬場周辺にしかありませんが、全国から利用できます。”

専業主婦はみずほ銀行カードローンの審査に通るのか?

専業主婦でもカードローンを利用するには?

専業主婦はカードローンでキャッシングをすることができるのでしょうか?専業主婦とは、配偶者の収入で生活しており、本人はパートなどの収入はなく普段は家事をしている主婦のことです。カードローンにおいての専業主婦の特徴は、その本人の年収がゼロということです。

そのため、専業主婦はどんなカードローンでも利用できるわけでなく、一部の専業主婦でも借入れできる銀行などのカードローンを選ぶ必要があります。消費者金融のキャッシングは総量規制という決まりがありますので専業主婦は利用できません。総量規制はキャッシングできる金額はその人の年収の3分の1までという法律の決まりです。

年収がゼロの専業主婦は総量規制で考えると、ゼロの3分の1はやはりゼロですので借入れ可能額がゼロということになりキャッシングすることができません。専業主婦がカードローンを利用したいときは総量規制対象外の銀行カードローンの中から、専業主婦でも借入れできるサービスを探しましょう。

銀行カードローンやフリーローンでも専業主婦が契約出来ないものがある!

専業主婦がキャッシング契約を行う際、消費者金融の場合は配偶者貸付となり、配偶者の同意が必要となります。その上、大手消費者金融のキャッシングローンは配偶者貸付に対応していないため、中小消費者金融しか選択肢が無くなります。一方、銀行カードローンやフリーローンは専業主婦にも貸し付けしており、契約条件が『配偶者に安定した収入があること』となっています。

しかし、銀行カードローンやフリーローンが全て専業主婦も対象となっている訳ではなく、中には契約出来ないものがあります。そのような場合、申し込み条件として『本人に安定した収入があること』と記載がされていたり、よくある質問事項に専業主婦は対象外と記載していることがあります。

また、注意するべき点として、『主婦』とだけ記載されている場合、専業主婦が含まれないことがあります。主婦と言っても、パートやアルバイトといった兼業主婦も含まれてしまうため、商品概要やホームページ上の説明はしっかりと確認することが重要になります。先ずは、『主婦OK』といった記載がある際は、専業主婦もOKと認識しないことをおすすめします。”

みずほ銀行カードローンの審査に必要な書類はコレ!

カードローンは必要書類を揃えて申込ができます

書類として「本人確認書類」と「収入証明書類」が必要となります。まず「本人確認書類」ですが、借りる契約者本人か確認する必要があるので提出が必要となります。

「本人確認書類」とは運転免許証(または運転経歴証明書)、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書です。

健康保険証は会社によっては認めていない場合もあります。また公共料金の領収書の提出が求められる事があります。

「収入証明書類」ですが、消費者金融系と銀行系では異なってきます。「借入れが50万円を超える場合」と「他社の借入れと申込の利用限度額を合わせて100万円を超える場合」は収入証明書類が必要です。源泉徴収票、給与明細書、確定申告書、所得証明書、住民税決定通知書です。

銀行は提出はありませんが、場合によっては「50万円を超える借入れの場合」あるいは「300万円以上の借入れの場合」必要となります。

これから初めてカードローンに申し込む際に準備しておきたい必要書類とは

比較的簡単な手続きですぐにお金を借りられる手段としてカードローンがありますが、実際にカードローンでお金を借りるにあたっては必ず審査を受ける必要があります。

この審査では年収や本人確認などが行われることになりますが、その際に必要となってくるのが各種の書類です。これから初めてカードローンに申し込みをする場合、これらの必要書類が準備できていないと申し込みが受け付けられずに再度カードローンの申し込みをしなくてはならなくなります。そのため、これからカードローンを申し込んでみようという人はどのような必要書類をあらかじめ準備しておけばいいのかを把握しておくことが大事です。

カードローンを申し込みする際に絶対に必要になってくるものとして身分証明書があります。身分証明書として認められるものとしては運転免許証や保険証、パスポートなどがあります。

これらの身分証明書は他人に成りすましを防止するために必要不可欠なものでカードローンに限らずキャッシングンなどでも必ず提出を求められる書類となります。また、収入のない人に対してお金を貸すわけにはいかないので身分証明書に加えて所得を証明できる書類も必要になってきます。”

みずほ銀行カードローンの審査に通る人と落ちる人の違いとは?

絶対審査が通らないポイントとは

カードローンの審査を少し経験した者です。審査をする際、情報を見ただけで初心者でもすぐに判断できるポイントがありました。

まず1つ目は、他の会社での借入額です。前提条件ですが、カードローンで借りられる額は年収の3分の1です。そのため、この額を審査段階ですでに借りているかどうかをまずチェックされます。この段階で他の会社でこの額を超えていると1発でアウトになります。

2つ目としては、申し込みした会社、他の会社問わず、今までの返済状況です。遅れた回数、支払わなかった回数が多いと減額の対象になる可能性もありますし、あまりにもひどいとしばらくどの会社でもカードが作れない情報がついたりします。

先の2つが該当してるのではないかという疑いがある際は申し込みを控えた方が賢明です。それでもいけるのではないかと申し込み審査が通らなかった場合、申し込みをしたという事実は会社を越えて共有されます。この申し込みの件数が多いと審査が難しい人だと判断される可能性もあります。

上記に当てはまらなくても、アルバイトである・勤続年数が浅い・仕事内容がよくわからない自営業といった安定した収入ではない疑いがある場合、年収の3分の1に届かずも借りている金額が多い場合は審査に通るのが難しい可能性もあります。そのような時でもどうしてもカードローンの審査に通りたい時、もし申し込んでいる会社に他のカードがある場合はその情報次第では通りやすくなる可能性があります。

長期間使っており返済をきちんと行っているカードの会社にカードローンの取り扱いがあれば、その情報は優先的に審査基準となりますのでチャンスでもあります。自分の情報が厳しくても1度申し込んでみるのもありかもしれませんね。

カードローンの審査基準について

昔はクレジットカードやローンの審査では、連絡先が固定電話ではなく携帯電話のみだと審査で不利になると言われていました。以前は今ほど携帯電話が普及していませんでしたし、電話に加入するとなるとまずはNTTの固定電話だったためです。

しかし、現在はその頃とは違い、携帯電話だけを持って固定電話を契約しないという人も多くなっています。最近では、カードローンの審査でも、携帯電話のみの人もそこまで不利になることはなくなってきています。

仮に自営業やフリーランスで働いていて、連絡先は携帯電話のみという人が審査を受けても、安定収入があれば問題なく利用できるはずです。もちろん、携帯電話より固定電話の方が信用度が高まるのは確かです。

しかし、携帯電話のみということがそこまで大きなマイナスにはなりません。収入が安定していて信用情報に問題がないという基本を満たしていれば、カードローンの審査は合格できることが多いです。安心して手続きを行いましょう。

みずほ銀行カードローンの審査の流れを解説!

一般的な金融機関のカードローンの審査の流れはどのようになっているのか

金利の面や比較的申し込みがしやすい事から人気の銀行などの金融機関が発行しているカードローンですが、実際に申し込む前にはどのような審査が行われているのか、審査の流れはどのようになっているのかが不安に思っている人もいると思いますので、ここでは一般的な銀行のカードローンでの審査の流れを説明します。

最近はインターネットからの申込みが多くなっているので、ここでもそのような流れにしますが、自宅のパソコンなどからインタネット経由でカードローンに申し込みをすると、必要な事項を記入して送信をするようになっています。この情報を元に審査を行いますが、この時に記入事項に間違いや嘘の情報がないかなどを確認する為に信用情報機関で申し込み者の属性などを確認します。その時に様々な理由で審査に通らない人に対しては、電話やメールなどで連絡がいくようになっています。

カードローンに申し込みをするとほとんどの場合は在籍確認や本人確認を行うのですが、多くのケースでこの時には大方審査は完了している事が多いのが通常のカードローンの審査になっています。もちろん、在籍確認や本人確認の段階でミスがあったり、その後の本契約への手続きの時に問題事項があれば、契約は出来なくなりますが、指示通りの手順で本契約をしていけばほぼ審査には通過すると考えて問題はありません。大抵はこの時に限度額などがわかる事もありますし、事前に入金を希望する時にもこの時に受け付けてくれることが多くなっています。

多くの金融機関のカードローンがこのような流れで審査を行う事になっていますが、審査の基準に関しては個々の金融機関によっても違いがあるので、一概には言えません。申込みをする前に説明をよく読んでから申し込みをする事が重要になります。

カードローン審査から結果まで

カードローンを使用するには審査が必要になります。これは初めての人もそうではない人も一緒です。まずは電話をかけて申し込む場合は個人情報を聞かれます。住所や勤務先、他に借入があるかなど。この時に勤務先へ個人名で在籍確認があります。30分から1時間くらいで審査の結果が連絡来ます。

審査が通れば郵送で運転免許証こ健康保険などの自分を証明できるものを郵送します。これがインターネットでの場合は審査は同じですが個人証明をスマホのカメラで撮って送ることができます。口座に振り込んでもらうなら即日のところもあります。なければカードが届いてからの使用になります。

どちらの場合も借入の有無、年収、家族構成などを聞かれます。勤務先への在籍確認と言いましたが確認をしないカード会社もあるみたいです。気になるのであればはじめに聞いておいた方が良いです。気になることはカードローンする前に全て聞いて納得してからがオススメです。聞くだけただなので不安を拭い去った方が良いと思います。

みずほ銀行カードローンを利用するメリット

みずほ銀行カードローンを利用するメリット

みずほ銀行は三大メガバンクの一つで信用の高い銀行です。カードローンのサービスも提供していてたくさんの人が利用しています。そこでみずほ銀行カードローンを利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

銀行のカードローンは消費者金融に比べて低金利になっていますが、みずほ銀行カードローンは銀行のカードローンの中でも低金利になっています。銀行のカードローンの上限金利は平均的に14.5%で設定されていますが、みずほ銀行カードローンは14%に設定されています。借り入れをする時に加算される利息が少なくなるので返済の負担を軽減する事が出来るのがみずほ銀行カードローンを利用するメリットになります。

みずほ銀行は銀行のカードローンなので総量規制の対象外になっていますが、最大利用限度額も1000万円になっているので多額の借り入れをする事も可能です。もちろん審査が可決されないと利用する事は出来ませんが、他の銀行のカードローンは最大利用限度額が1000万円に達していないで多額の借り入れをする事が出来るというのもみずほ銀行カードローンを利用するメリットになります。

カードローンは基本的に収入がないと利用出来ませんので専業主婦の申し込みは不可となっている事が多いです。しかしみずほ銀行カードローンは配偶者に安定した収入があれば専業主婦も利用する事が出来ます。利用限度額は少なくなってしまいますが、専業主婦にとってはメリットになります。

みずほ銀行カードローンを利用する際の特徴

“みずほ銀行カードローンを利用する際の特徴として、私が実際に利用している実感を述べたいと思います。まず銀行カードローンとして借入額に基本的に制限がないという事です。総量規制額と言いますが、年収の3分の1以上の借入額以上は借りられないシステムです。

消費者金融法でこの総量規制が出されましたが、基本的に銀行は消費者金融のカードローンと違います。そこが銀行カードローンの良い所です。バックに銀行のネームバリューと銀行の資金面での豊富さがあります。

みずほ銀行も大手の有名銀行ですからその点でカードローンへの利用者の拡大はとても積極的にすすめていると思います。私も消費者金融でカードローン利用をしていましたが、みずほ銀行カードローンでも利用が出来ました。その際にみずほ銀行のキャッシュカードや口座があればカードローンと一体型の利用が出来ると言われたのです。

とても便利だと思いました。銀行口座を持っていれば毎月決まった日に引き落としして返済という形になります。わざわざ返済に行かなくてもいいメリットもありますし、口座に返済する額さえ入れておけばいいので忘れたり、返済遅延等もなくなります。

カードも一体型なのであまり回りにカードローンだとばれる事なく利用できます。”

みずほ銀行カードローンの良い特徴とは何か?

みずほ銀行カードローンは金利の低さが特徴です

みずほ銀行カードローンの特徴は、3%?14%という金利の低さです。他の銀行のカードローンと比べても低い設定で、利息の負担を軽減できます。消費者金融で少額の借り入れをすると普通18%ぐらいの金利を設定されるので、14%以下の金利設定は、みずほ銀行のカードローンのお得度を表す部分です。

さらに、エグゼクティブプランという高年収向けのプランなら、3,5%?7%という低金利で利用することができます。年収が400万円以上で、複数の借入先から借金があるという人はエグゼクティブプランでおまとめや借り換えを検討してみるのも良いでしょう。

3,5%?7%という金利設定は、他のおまとめカードローンよりも低い金利なので、借り換えによる失敗事例を避けることができます。エグゼクティブプランでは、以下のような条件を満たしていると審査を有利に進めることができます。

  • 400万円以上の年収
  • 3年以上の勤務実績
  • 居住形態が持ち家
  • 支払い金の遅延などの事故情報がない

また、エグゼクティブプランでおまとめを申し込むには、複数の借り入れローンのおまとめであることを伝えることも肝心です。そうしないと、さらなる借り入れだと判断されてしまうからです。

コンフォートプランの上限14%という金利設定も他と比べても十分低いので、少額の借り入れでもみずほ銀行カードローンはおすすめできます。

みずほ銀行カードローンの保証会社は何故、オリエントコーポレーション?

みずほ銀行カードローンを契約する際、契約条件に記載されている項目で、オリエントコーポレーションの保証が受けられることが必須条件になっています。

みずほ銀行カードローンについては、金利が低く、貸金業法が適用されないため総量規制適用外のローンとして人気がありますが、契約検討者にとって保証会社の存在が気がかりになります。そもそも、何故保証会社が必要かというと、支払延滞が繰り返した際には保証会社が一時的に返済を行い、保証会社が回収業務を債権回収会社へ委託します。

実は、オリエントコーポレーションはみずほ銀行の資本が投入されており、みずほ銀行グループとして保証事業を展開しています。また、オリエントコーポレーションの関連企業には債権回収会社があり、万が一の際に於いて一貫した債権の回収が実行できるといったこととなっています。

基本的には、保証会社が行うのは審査と保証のみであり、債務超過といった事態が無ければ、気にする必要がないものです。

ある意味で言うならば、銀行が融資額に対して保険を掛けているということであり、銀行自体の損益をカバーするという意味合いもあります。保証会社を利用すれば、利息から支払われた一定の保証金がプールされているため、そこから補填が行われることとなります。

つまり、生命保険や自動車保険など変わりないものとなっています。このような面において、みずほ銀行はノウハウのあるオリエントコーポレーションへ保証を委託しています。

みずほ銀行カードローンの良いところと悪い所の口コミ!

みずほ銀行のカードローンについて

みずほ銀行のカードローンは、申し込みの際の記入内容をもとに審査をします。その記入内容は、現在どこに勤めていて年収はどれくらいかということや、現在借り入れはあるのかということです。

つまり、適度に年収があり、借入金がそこまで多くなければ作成することが出来ます。またその際に、カードローンの借入限度額についても自分で希望します。

最低10万円からで、多ければ100万円の枠を希望することも可能です。また、新規口座も作るということであれば、キャッシュカードと一体型にすることもできますし、キャッシュカードとは別にカードローンを持つこともできます。

また申し込みをしてからの審査の流れとしては、申し込みをした人が、いろんなところで借り入れをしていたり、滞納していたりする怪しい人ではないかを調査し、だいたい一週間程度で審査が終わり、借入限度額が決定します。

実際に利用した感想としては、ATMですぐに返済ができるので便利だと思いましたが、キャッシュカードとカードローンを一体型にしていると、現金を引き出そうとしただけなのに、間違ってカードローンを使いそうになったことがあったので、そこは注意しなければいけないと思いました。

意外と電話対応がマニュアル化されすぎです。

意外と電話対応がマニュアル化されすぎで、臨機応変な対応を求めていたのでややこしさがありました。エグゼクティブプランの場合 は年率最大でも7%です。銀行系なので審査が厳しいですね。審査スピードは最短即日融資可能です。融資限度額専業主婦の場合は最大30万円までです。

融資限度額は最大1000万円までです。即日融資をしてもらう為に、来店前に電話を入れて、急ぎであることを言っておき、早い時間帯に来店することがポイントとなります。

事前に急ぎであることを言っておけば、カードの発行を待つことがなく、みずほ銀行の口座に入金する形で融資をしてもらえる可能性もあります。200万円までは収入証明書不要です。この条件を満たすにははみずほ銀行に口座があるかないかで変わってきます。

みずほ銀行に口座を持っていると即日完結が可能。口座がない場合は最短で即日審査できます。カードローン口座の開設は遅くとも、3週間程かかります。それなのでこの場合は来店申し込みをするのが一番早いですね。

来店することによって、銀行窓口でみずほ銀行の口座開設とみずほ銀行カードローン申し込みを同時に行うことができるため、即日融資と即日利用が十分可能です。新生銀行(レイク)やSMBCコンシューマーファイナンス やプロミスや アコムは融資限度額が500万円です。